FC2ブログ

Pureで綺麗に!

知らないうちに、ネットショップをつぶしてしまった、OLめぐちゃんの日記

東日本大震災から、まもなく4年 岩手・陸前高田市で追悼式(15/03/08)について



東日本大震災から、まもなく4年 岩手・陸前高田市で追悼式(15/03/08)
東日本大震災から、まもなく4年 岩手・陸前高田市で追悼式(15/03/08)東日本大震災が発生してから、まもな𞌚年。岩手県で最も被害が大きかった陸前高田市では、追悼式が開かれた。 陸前高田市では、県外に避難し...


週刊ダイヤモンド 15年3月14日号-【電子書籍】週刊ダイヤモンド 15年3月14日号-【電子書籍】
価格: 円


震災4周年にあたり、改めてみなさんのお考えをお聞きしたいと思います。 ①事故原[ニュース、政治、国際情勢>エネルギー、資源>原子力]

震災4周年にあたり、改めてみなさんのお考えをお聞きしたいと思います。 ①事故原因について イ、予想不可能な津波 ロ、地震 ハ、原因を追究しても意味がない(不可能) ②東電の責任について イ、責任はない ロ、責任がある ハ、その他 ③原発災害の損害賠償スキームについて イ、税金 ロ、利用者(電気料金・現行スキーム) ハ、原発稼働の判断者(電力会社?) 参考資料 東日本大震災

(-o-)/ やっぱり、テレビ東京 3月11日 15時前後の放送番組 NHK 情報まるごと ▽三[おしゃべり、雑談>ユーモア、ネタ]

(-o-)/ やっぱり、テレビ東京 3月11日 15時前後の放送番組 NHK 情報まるごと ▽三陸を愛した彼がいた ▽追悼式中継 ▽ボランティア”心の支援を” 日テレ 情報ライブミヤネ屋 ▽東日本大震災4年特別版 TBS 大震災4年NスタSP 被災地は今、思い新たに フジテレビ FNN報道特別番組 震災と原発と日本の覚悟 テレビ朝日 スーパーJチャンネルSP 東日本大震災から4年




いつものめぐちゃん日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

山下達郎/クリスマス・イブ (cover)について



山下達郎/クリスマス・イブ (cover)
山下達郎/クリスマス・イブ (cover)チャンネル登録よろしくお願いします♪ ◇SeikinTVチャンネル登録&darr http://www.youtube.com/user/seikintv?sub_confirmation=1 ◇SeikinGamesチャンネル登録&darr ...


(LEDツリー/クリスマスツリー/クリスマスプレゼント/イルミネーション)LED TREE L(LEDツリー/クリスマスツリー/クリスマスプレゼント/イルミネーション)LED TREE L
価格: 円


クリスマスは間違いだと知っていてクリスマスを続ける牧師に、クリスマスを止めさ[マナー、冠婚葬祭>宗教]

クリスマスは間違いだと知っていてクリスマスを続ける牧師に、クリスマスを止めさせる方法。 極妻になって、あらかじめ「いいかい。お前たち。牧師が私の言うことを聞かなかったら『この野郎 !姐さんに逆らう気か』と脅しを掛けるんだよ」と命じておいた若い衆を4、5人教会に連れていく他ないでしょうか? というのは前置き。 普通の方法では、牧師はクリスマスの罪を悔い改めないですから、何か裏工作が必要になって

クリスマスの過ごし方について。 私は付き合って一年半くらいの彼氏が居ます。 去[生き方と恋愛、人間関係の悩み>恋愛相談、人間関係の悩み>恋愛相談]

クリスマスの過ごし方について。 私は付き合って一年半くらいの彼氏が居ます。 去年は彼の仕事の後に焼肉を食べに連れて行ってもらいました。 今年はどこに連れて行ってくれるのかなと、期待しています。 ちなみに今はお互い仕事をしています。(去年私は学生) 正直な話、私はクリスマス当日じゃなくてもいいからおしゃれなお店で 落ち着いた雰囲気で静かな半個室くらいのお店で食事がしたいです。 でも、彼はきっとそのよ

クリスマスって イエスキリストの誕生日を祝う日で敬虔な気持ちでいる日ですよね本[教養と学問、サイエンス>一般教養]

クリスマスって イエスキリストの誕生日を祝う日で敬虔な気持ちでいる日ですよね本来 日本のクリスマスは恋人と過ごす日だの 子供がオモチャを貰えるだのは日本独自のお祭り風習ですか? 他の先進国のクリスマスもこんな感じですか?



これこれ!クリスマス関連のこれは、とてもよさそうですよ。
フェイスペイントクレヨン MANLEY 7色
フェイスペイントクレヨン MANLEY 7色価格:1,825 円
サッカーなどのスポーツ観戦や ハロウィンやクリスマスなどの イベントやパーティに! ウエットティッシュでふき取れる フェイスクレヨンでペイントを楽しもう♪



いつものめぐちゃん日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |